インターネットリサーチのDIMSDRIVE
サイトマップ リサーチについてのFAQ 資料請求 お問い合わせ
サービス内容について モニター属性 マーケティングリサーチ分析報告例 インターネット調査のケーススタディ 調査料金表 アンケート調査/公開テーマ別調査 公開ランキング調査
お問い合わせ
現在位置:トップページ > 公開テーマ別調査(TimelyResearch) > 分析結果
TimelyResearch
TimelyResearchについて
利用規約
食品・飲料・外食
インターネット・通信
保険・金融・不動産
医療・福祉
小売・サービス
ファッション・美容・健康
スポーツ・レジャー
日用品
生活・家庭
その他
TimelyResearch
  についてのお問い合わせ

「入浴」に関するアンケート

● 入浴時にすること、男女の違いは?男性は髭剃り、女性は浴室掃除とムダ毛処理。
● 「目を閉じる」「考え事をする」が3割。湯船につかってすること。

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「入浴」についてアンケートを行い、入浴時にすること、使用している入浴剤の種類、お風呂に欲しいグッズなどについてまとめました。
調査は2017年12月20日〜2018年1月12日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,946人から回答を得ています。
  はてなブックマークに追加


● 湯船につかる人・・・秋・冬では7割近く、春・夏は4割程度
● 入浴時にすること、男女の違いは?男性は髭剃り、女性は浴室掃除とムダ毛処理。
● 季節を問わず、全身浴をする人が多数
● 寒い時期の全身浴、湯温は41〜42度、時間は10〜20分が最多
● 「目を閉じる」「考え事をする」が3割。湯船につかってすること。
● 湯船につかりながら歌う曲は? やっぱり「いい湯だな」♪
● 入浴剤やアロマオイルを使う? 女性の6割以上が使うと回答
● 使っている入浴剤のタイプ ・・・ 1位は「粉タイプ」
● 「入浴」とは、どんな時間? 「体を清潔に保つ」、「体の疲れを癒す」 時間
● ほしいのは”防水○○”。お風呂の時間を有意義に過ごすグッズが欲しい!





湯船につかる人・・・秋・冬では7割近く、春・夏は4割程度

■あなたの入浴事情は?

入浴するとき、「湯船につかる」は、秋・冬で68.8%、春・夏は44.2%である。
寒い時期の方が湯船につかる人が多い結果となっている。

「シャワーのみと湯船につかるを使い分ける」は、秋・冬で16.1%、春・夏で26.8%。
「シャワーのみ」は、秋・冬で14.4%、春・夏で28.4%と、寒い時期の2倍に増える。





入浴時にすること、男女の違いは?男性は髭剃り、女性は浴室掃除とムダ毛処理。

■入浴時にいつもすること

入浴時にいつもすることは、「体を洗う」94.9%、「髪を洗う」92.1%、「顔を洗う」84.3%で、体を清潔に保つための行為が主となっている。

男女ともにTOP3は同じ。
次いで、男性は「髭剃り」37.6%、女性は「浴槽・浴室・排水口の掃除」28.9%となっている。
女性が男性を10pt以上、上回っている項目は、「ムダ毛処理(+23.2pt)」と「浴槽・浴室・排水口の掃除(+12.1pt)」であった。
その他「マッサージ」「毛染め・脱色」「スキンケア・美容ケア」など、女性が上回っている。





季節を問わず、全身浴をする人が多数

■全身浴 or 半身浴

季節を問わず、「全身浴のみ」が8〜9割近くとなっており、「半身浴のみ」は1割未満である。
「半身浴と全身浴を使い分ける」は、春・夏で14.9%、秋・冬で9.9%であった。





寒い時期の全身浴、湯温は41〜42度、時間は10〜20分が最多

■湯船の温度

半身浴・全身浴ともに、春・夏で「39〜40度くらい」、秋・冬では「41〜42度くらい」が最も多く、秋・冬のほうが湯温は高い結果となっている。

全身浴と半身浴をに比べると、半身浴のほうが温度が低めの傾向である。
特に、「春・夏 半身浴」で40度以下、「秋・冬 全身浴」で41度以上が最も多い。

■湯船につかる平均時間

半身浴・全身浴ともに、春・夏で「5〜10分くらい」、秋・冬では「10〜20分くらい」が最も多く、秋・冬のほうが湯船に長くつかる結果となっている。

全身浴と半身浴を比べると、半身浴のほうが長くつかる傾向である。

前問と合わせると、半身浴はぬるめのお湯で長く入り、全身浴は熱めのお湯で短めに入る、という結果であった。






「目を閉じる」「考え事をする」が3割。湯船につかってすること。

■湯船につかる時

湯船につかるときにすることを尋ねた。多い順に「目を閉じる」33.5%、「考え事をする」33.3%、「マッサージをする」22.7%であった。

男女別に見ると、「考え事をする」や「マッサージをする」は男性よりも女性のほうが多くなっている。
男女ともに、「歌(鼻歌)を歌う」など、リラックスする場でもあるようだ。

「特にない」は32.7%と、約3割の人は何もしないようだ。





湯船につかりながら歌う曲は? やっぱり「いい湯だな」♪

■湯船につかりながら歌う曲は?

湯船につかりながら歌う曲を尋ねた。多かった回答は以下のとおり。
やはり「いい湯だな」は定番で、回答が多かった。自作曲を歌うツワモノも。
2014年調査(http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2014/141120/)では、当時大流行していた「Let It Go」と「いい湯だな」が2強となっていた。お風呂で歌う曲にも流行が反映されるようだ。





入浴剤やアロマオイルを使う? 女性の6割以上が使うと回答

■入浴剤やアロマオイルを使う?

入浴剤やアロマオイルを「いつも使う」+「ときどき使う」の合計は、54.1%と半数以上であった。

男女別では、女性64%、男性47.5%となっており、男性よりも女性のほうがよく使うようだ。
性年代別では、女性の20〜50代で6割以上であり、40〜50代が最も多くなっている。





使っている入浴剤のタイプ ・・・ 1位は「粉タイプ」

■使っている入浴剤のタイプ

使っている入浴剤のタイプは、「粉タイプ(バスロマン・バスクリンなど)」が65.5%と最も多かった。
次いで、「大きな発泡タブレット・バスボム(バブなど)」44.8%、発泡つぶタイプ(きき湯など)21.1%、「温泉のもと」18.4%、「液体タイプ(ソフレ・ウルモアなど)」15.7%の順となっている。

男女別に見ると、「液体タイプ」や「バスソルト」、「アロマオイル」などは女性のほうが多く使用している。





「入浴」とは、どんな時間? 「体を清潔に保つ」、「体の疲れを癒す」 時間

■「入浴」とは、どんな時間?

入浴とは、どんな時間かを尋ねた。
「体を清潔に保つための時間」58.9%、「体の疲れを癒す時間」58.4%、「リラックスする(心の疲れを癒す)時間」50.2%、「血行・血流をよくする時間」39.5%となっている。

「美容・健康のための時間」は、男女差が最も大きく、女性のほうが9.1pt多かった。
男女ともに、入浴を「幸せを感じる時間」と考えている人も1割程度いた。





ほしいのは”防水○○”。お風呂の時間を有意義に過ごすグッズが欲しい!

■お風呂にほしいグッズは?

お風呂にほしいグッズを尋ねた。
目立ったのは”防水○○”という回答。
テレビやラジオ、パソコン、タブレット、本が読めるグッズ、音楽を楽しめるグッズなど。
お風呂の時間を有意義に過ごすのにあったらうれしいグッズが目立った。





 

●グラフ数値について●

スペースの関係上、数値が表示されていない場合もございます。
気になるデータがあればお気軽にお問合せください。

●お問合せ先●

調査結果の引用について、クロス集計データ・生データ購入など、 お気軽にお問合せください。

インターワイヤード株式会社  DIMSDRIVE事務局(ディムスドライブ事務局)
mail: timely@dims.ne.jp
調査結果に関するお問い合わせ先
会社情報 | プライバシーポリシー | このサイトのご利用規定について
Copyright ©2017,INTERWIRED.CO.,LTD.ALL Rights Reserved.