インターネットリサーチのDIMSDRIVE
サイトマップ リサーチについてのFAQ 資料請求 お問い合わせ
サービス内容について モニター属性 マーケティングリサーチ分析報告例 インターネット調査のケーススタディ 調査料金表 アンケート調査/公開テーマ別調査 公開ランキング調査
お問い合わせ
現在位置:トップページ > 公開テーマ別調査(TimelyResearch) > 分析結果
TimelyResearch
TimelyResearchについて
利用規約
食品・飲料・外食
インターネット・通信
保険・金融・不動産
医療・福祉
小売・サービス
ファッション・美容・健康
スポーツ・レジャー
日用品
生活・家庭
その他
TimelyResearch
についてのお問い合わせ

「セルフメディケーション」に関するアンケート

● 『セルフメディケーション税制』の申告行った人 ・ ・ ・ 2割程度
● よく購入する市販薬(OTC医薬品)は 7割が「かぜ薬関連薬」

インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「セルフメディケーション」についてアンケートを行い、「セルフメディケーション税制」の認知度や所得控除の利用希望、ご意見などについてまとめました。
調査は2018年2月23日~3月9日にかけて実施し、DIMSDRIVEモニター3,621人から回答を得ています。
はてなブックマークに追加


● 市販薬(OTC医薬品)の購入種類数 ・ ・ ・ 「1~2種類くらい」が3割
● よく購入する市販薬(OTC医薬品)は 7割が「かぜ薬関連薬」
● 『セルフメディケーション税制』認知度 ・ ・ ・ 34.5%
● 『セルフメディケーション税制』所得控除 「受けたい」 ・ ・ ・ 56.4%
● 医薬品(スイッチOTC成分含む)購入合計額  「12,000円以下」が3割弱
● 『セルフメディケーション税制』申告を行った人 ・ ・ ・ 2割程度
● 「制度の周知」、「対象商品をわかりやすく」などの意見が多数





市販薬(OTC医薬品)の購入種類数 ・ ・ ・ 「1~2種類くらい」が3割

■市販薬(OTC医薬品)の購入種類数

年間での市販薬(OTC医薬品)の購入種類数は、「1~2種類くらい」が最も多く31.6%、 次いで、「3~4種類くらい」21.5%、「5~6種類くらい」5.3%となっている。

<男女・性年代別>

「1~2種類くらい」~「購入したが、何種類かわからない」を合計した”購入率”では、どの年代においても、 男性よりも女性の方が高かった。
とくに女性の50代~60代は7割以上となっており、他年代に比べて高かった。





よく購入する市販薬(OTC医薬品)は 7割が「かぜ薬関連薬」

■よく購入する市販薬(OTC医薬品)

よく購入する市販薬(OTC医薬品)は、「かぜ薬関連薬」が圧倒的に多く71.5%であった。
「解熱鎮痛薬」42.4%、「目薬」40.3%、「胃腸薬」35.8%と続いた。

<男女別>

男女別では、「解熱鎮痛薬」が男性に比べて女性のほうが19.9ポイント高くなっている。





『セルフメディケーション税制』認知度 ・ ・ ・ 34.5%

■「セルフメディケーション税制」認知度

「セルフメディケーション税制」について、「詳しく内容を知っている」及び「おおよそ内容は知っている」の計は 34.5%であった。
「言葉を聞いたことがある程度」30.9%、「まったく知らなかった」34.6%となっており、 未だ認知度は低い傾向にある。





『セルフメディケーション税制』所得控除 「受けたい」 ・ ・ ・ 56.4%

■「セルフメディケーション税制」所得控除の利用意向

「セルフメディケーション税制」所得控除の利用意向について、「ぜひ控除を受けたい」25.7%、 「控除を受けるのを検討してもよい」30.7%となっており、控除利用に前向きな人が5割を超えている。

■控除を受けたいと思わない理由

「医療費控除で申告するから」28.9%、「還付金額が少ないから(少なそうだから)」28.0%、 「手間の割にメリットを感じないから」25.8%が主な理由のようだ。






医薬品(スイッチOTC成分含む)購入合計額  「12,000円以下」が3割弱

■「スイッチOTC成分を含む医薬品」の購入合計金額

スイッチOTC成分を含む医薬品の購入合計金額は、「12,000円以下」が29.0%と最も多かった。
「12,000円超~100,000円超」は7.1%となっており、12,000円を超えての購入は少ないようだ。

<男女別>

男女別で見ると、購入合計額が「12,000円以下」では女性の割合が多く、 「12,000円超~100,000円超」では男性の方がやや多くなっている。





『セルフメディケーション税制』申告を行った人 ・ ・ ・ 2割程度

■「セルフメディケーション税制」の申告

確定申告時に「セルフメディケーション税制」の申告を行ったかについては、「申告を行った」23.2%、 「申告は行わなかった」38.2%であった。
男女別においても、「申告を行わなかった」が「申告を行った」を上回る結果となった。

■「セルフメディケーション税制」の申告の感想

「セルフメディケーション税制」の申請を行った人の感想は、「とても簡単にできた(できそう)」33.9%、 「どちらかといえば簡単にできた(できそう)」35.6%と7割近くが回答しており、それほど難しくはないようだ。

■「セルフメディケーション税制」の申告を行わなかった理由

「セルフメディケーション税制」の申告を行わなかった理由として最も多かった回答は、 「セルフメディケーション税制の控除対象商品がわからなかったから」28.6%であった。
次いで「確定申告で医療費控除の申請を行ったから」25.0%、「レシート保存が面倒だから」22.0%。







「制度の周知」、「対象商品をわかりやすく」などの意見が多数

■「セルフメディケーション税制」についてのご意見

「セルフメディケーション税制自体の周知」や「対象商品を分かりやすくしてほしい」などの意見が多かった。
「申告の簡素化」や「控除限度額の引下げ」などを求める意見もあった。
また、気軽に薬を購入できることに心配する意見も寄せられた。





 

●グラフ数値について●

スペースの関係上、数値が表示されていない場合もございます。
気になるデータがあればお気軽にお問合せください。

●お問合せ先●

調査結果の引用について、クロス集計データ・生データ購入など、 お気軽にお問合せください。

インターワイヤード株式会社  DIMSDRIVE事務局(ディムスドライブ事務局)
mail: timely@dims.ne.jp
 
調査結果に関するお問い合わせ先
会社情報 | プライバシーポリシー | このサイトのご利用規定について
TimelyResearch | ©2018 INTERWIRED CO.,LTD.