インターネットリサーチのDIMSDRIVE
サイトマップ リサーチについてのFAQ 資料請求 お問い合わせ
サービス内容について モニター属性 マーケティングリサーチ分析報告例 インターネット調査のケーススタディ 調査料金表 アンケート調査/公開テーマ別調査 公開ランキング調査
お問い合わせ
現在位置:トップページ > 公開テーマ別調査(TimelyResearch) > 詳細情報
TimelyResearch
TimelyResearchについて
利用規約
食品・飲料・外食
インターネット・通信
保険・金融・不動産
医療・福祉
小売・サービス
ファッション・美容・健康
スポーツ・レジャー
日用品
生活・家庭
その他
TimelyResearch
  についてのお問い合わせ

「紫外線・UV対策」に関するアンケート

●もはや夏だけでは甘い? 半数近くが「一年中通して」紫外線対策
●使用している日焼け止めブランド…1位「ビオレ」、2位「ニベア」、3位「アネッサ」


インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEでは、
「UV(紫外線)対策」についてアンケートを行い、
紫外線対策状況、使用している日焼け止めのブランド・メーカーなどについてまとめました。

調査は2013年9月20日(金)〜9月30日(月)にかけて実施し、
DIMSDRIVEモニター7,581人から回答を得ています。


    はてなブックマークに追加

● もはや夏だけでは甘い? 半数近くが「一年中通して」紫外線対策
● 紫外線対策を行う理由は「しみ・そばかす予防」のため…女性の8割以上
● 8割の人が、紫外線対策には「日焼け止め」使用
● 日焼け止めは「SPF・PA値が高いもの」。 女性は使用感や肌への負担も重視
● 使用している日焼け止めブランド…1位「ビオレ」、2位「ニベア」、3位「アネッサ」
● 紫外線対策はばっちり? 「充分出来ている」人はわずか1.8%
● 紫外線対策をしない理由は「面倒だから」が3割
● 「過去にもっとしておけばよかった」・・・後悔している人は46.4%  






■■もはや夏だけでは甘い? 半数近くが「一年中通して」紫外線対策■■

■紫外線対策状況
普段、紫外線対策を、「念入りに行っている」と回答した人が5.9%、「念入りではないが行っている」という人は36.9%で、『行っている』人は約4割であった。
半数以上の57.2%の人が「行っていない」と回答している。

ただ、性年代別にみると対策状況には大きく差がある事が分かる。

<性年代別>
男性では、『行っている』という人は13〜25%にとどまっている。
一方、女性は7〜8割程が『行っている』と回答。30〜40代では8割を超えている。
概ね50%以上もの男女差がある。

■紫外線対策をする季節
紫外線対策をしている季節について、45.0%と半数近くの人が“一年を通して”と回答している。
特定の季節のみ行っている人では、「春」22.8%、「夏」47.2%、「秋」16.2%、「冬」0.8%となった。
年間通して行っているか、そうでない人は夏だけ対策している人が多いことが伺える。


あなたは普段、UV(紫外線)対策を行っていますか。(季節は問いません) (単一回答)
全員 N=7,581


紫外線対策を
行っている:42.8%   行っていない:57.2%


◆性年代別◆


UV(紫外線)対策は、1年のうちいつ行っていますか。 (複数回答)
回答者:紫外線対策をしている人 N=3,249




■■紫外線対策を行う理由は「しみ・そばかす予防」のため…女性の8割以上■■

■紫外線対策を行う理由
紫外線対策を行う理由については、「しみ・そばかすの予防」が73.3%で断トツである。
次いで「しわの予防」29.5%、「白い肌を保つため」29.3%、「肌が痛くなったり皮がむけたりするのを防ぐため」27.6%と続いた。

<男女別>
【男性】では、1位「しみ・そばかすの予防」40.3%、2位「肌が痛くなったり皮がむけたりするのを防ぐため」36.9%、3位「皮膚がんの予防」27.9%となった。

【女性】では、1位「しみ・そばかすの予防」84.1%、2位「白い肌を保つため」36.1%、3位「しわの予防」33.3%となった。
女性の8割以上が「しみ・そばかすの予防」のために努力をしているようだ。

女性が美容目的なのに対し、男性は病気の予防・痛みを防ぐためなど現実的だ。


あなたがUV(紫外線)対策をおこなう理由は何ですか。(複数回答)
回答者:紫外線対策をしている人 N=3,249


◆男女別 理由TOP5◆






■■8割の人が、紫外線対策には「日焼け止め」使用■■

■紫外線対策の方法
行っている紫外線対策の方法は、「日焼け止めを使う」が80.1%と圧倒的。
次いで「帽子をかぶる」51.8%、「UVカット効果のある化粧品を使う」47.9%、「日傘をさす」42.2%と続いた。

<男女別>
男女で使用しているアイテムの順位に大きな差がみられる。

【男性】のTOP5は、1位「日焼け止めを使う」68.2%、2位「帽子をかぶる」49.2%、3位「サングラスを使う」39.1%、4位「長袖を着る」27.1%、5位「なるべく日陰にいる」18.7%となった。

【女性】のTOP5は、1位「日焼け止めを使う」83.9%、2位「UVカット効果のある化粧品を使う」60.0%、3位「日傘をさす」54.1%、4位「帽子をかぶる」52.6%、5位「手袋・アームカバーをする」36.2%となった。

あなたはどんなUV(紫外線)対策をしていますか。(複数回答)
回答者:紫外線対策をしている人 N=3,249


◆男女別 理由TOP5◆








■■日焼け止めは「SPF・PA値が高いもの」。 女性は使用感や肌への負担も重視■■

■使用している日焼け止めのタイプ
使用している「日焼け止め」のタイプについては、「乳液」が最も多く64.5%、次いで「クリーム」18.6%、「ジェル」11.4%と続いた。

■日焼け止めについて意識していること
日焼け止めについて意識していることは、「SPF値が高い商品を選ぶ」が最も多く56.6%、「PA値が高い商品を選ぶ」45.3%、「肌への刺激が少ないものを選ぶ」42.5%、「べたつかない・べたつきにくいものを選ぶ」40.4%、「落としやすいものを選ぶ」22.6%、「汗や水に強いものを選ぶ」22.2%という順であった。

まずはSPF・PAといった「機能面」、その次に「使用感」という選び方をする人が多そうである。

また、SPFとPAの値に11.3pt差があるという事から、「SPF値は意識しているがPA値は考慮していない」という人がいることも予想される。

<男女別>
男女で日焼け止めを選ぶポイントに大きな差がみられる。

女性では、「肌への刺激が少ないものを選ぶ」48.3%、「べたつかない・べたつきにくいものを選ぶ」43.6%、「落としやすいものを選ぶ」26.2%が男性に比べて多く、
使用感や肌に負担が掛からないことなど、「肌が焼けない」こと以外のポイントも重視していることが分かる。"


現在一番よく使用している日焼け止めのタイプをお答えください。(単一回答)
回答者:日焼け止め使用者 N=2,602

日焼け止めについて意識している事を教えてください。(複数回答)
回答者:日焼け止め使用者 N=2,602



◆男女別◆




■■使用している日焼け止めブランド…1位「ビオレ」、2位「ニベア」、3位「アネッサ」■■

■使用しているブランド・メーカー
使用している「日焼け止め」のブランド・メーカーについては、
「ビオレ【花王】」が最も多く13.5%、次いで「ニベア(NIVEA)【花王】」11.5%、「アネッサ(ANESSA)【資生堂】」9.1%、「スキンアクア【ロート製薬】」5.0%、「DHC」3.7%と続いた。
「ブランド・メーカーはわからない」という人も17.9%存在している。

現在一番よく使用している日焼け止めのブランド・メーカーをお答えください。(単一回答)
回答者:日焼け止め使用者 N=2,602




■■紫外線対策はばっちり? 「充分出来ている」人はわずか1.8%■■

■紫外線対策の充分度
ご自身の紫外線対策について、『出来ている(充分+まあまあ)』と回答した人は36.9%と4割以下であった。
「充分出来ている」人についてはわずか1.8%と、「紫外線対策はばっちり」とは言い難いようだ。

一方、『出来ていない(あまり+ほとんど)』と回答した人は25.2%であった。

<性年代別>
女性では、年代が下がるにつれて『出来ていない』人の割合が多くなっており、【女性-20代以下】では35.0%と3分の1以上である。

ご自身の紫外線対策はどのぐらい出来ていると思いますか。(単一回答)
回答者:医薬品購入経験者 N=7,071

Cインターネットで医薬品が販売されるにあたり、不安な点はありますか。(単一回答)
回答者:紫外線対策をしている人 N=3,249


出来ている:36.9%  出来ていない:25.2%


◆性年代別◆




■■紫外線対策をしない理由は「面倒だから」が3割■■

■紫外線対策をしない理由
紫外線対策をしていない人の、その理由については、「面倒だから」が最も多く29.4%であった。次いで「日焼けしても気にならないから」20.2%、「UV(紫外線)対策をしなくても良いと思うから」12.7%、「お金がかかるから」10.2%、「ついつい忘れてしまう」8.2%と続いた。

<男女別>
【男性】では、1位「面倒だから」26.2%、2位「日焼けしても気にならないから」21.5%、3位「UV(紫外線)対策をしなくても良いと思うから」14.2%となった。
しかし、「とくに理由はない」という回答が43.4%と最も多かった。

【女性】では、1位「面倒だから」48.6%、2位「ついつい忘れてしまう」22.0%、3位「お金がかかるから」14.0%となった。

男性は、特に理由もなく、そこまで紫外線対策を意識していないと思われる。
一方、女性では「紫外線対策は必要だと思うけれど、つい・・・」という人が多いようだ。

あなたが紫外線対策をしていないのはなぜですか。(複数回答)
回答者:紫外線対策をしていない人 N=4,332



◆男女別 理由TOP5◆







■■「過去にもっとしておけばよかった」・・・後悔している人は46.4%■■

■過去の紫外線対策について
ご自身の過去の紫外線対策について「もっとしておけば…と思いますか」と尋ねたところ、
「強く思う」15.7%、「やや思う」30.7%で、後悔している人は46.4%と約半数であった。

■紫外線対策は、何歳から必要?
紫外線対策を始める必要があると思う年齢は、「0歳」が最も多く15.7%であった。
以下、「16〜19歳」12.6%、「20〜24歳」10.8%、「小学生」9.9%、「中学生」8.5%と続いた。

「0歳」を除いては、屋外で活動する機会の増える学生や20代前半などの若いうちから対策が必要だと思っていることが分かった。
一方で、「紫外線対策は必要ない」という回答も23.1%存在している。

<過去の後悔度別>
「過去にもっとしておけば…」と【強く思う】人では、「0歳」から必要と回答した人が29.0%と3割を占める。
『0〜19歳』と回答した人は86.9%と、ほとんどの人が10代以下から必要だと思っていることが分かった。

後悔している人ほど、出来るだけ早い年齢から対策が必要だと感じているようだ。

 
あなたご自身について、「過去にもっと、紫外線対策をしておけば良かったな」と思いますか。(単一回答)
回答者:全員 N=7,581


もっとしておけばよかったと思う:46.4%
思わない:53.6%

UV(紫外線)対策は、何歳から必要だと思いますか。(単一回答)
回答者:全員 N=7,581



◆「過去にもっとしておけば・・・」後悔度別◆



 
●グラフ数値について●
スペースの関係上、数値が表示されていない場合もございます。
気になるデータがあればお気軽にお問合せください。

●その他のデータについて
性年代別、日焼け止めブランド別、などのデータもございます。
●お問合せ先●

調査結果の引用について、クロス集計データ・生データ購入など、 お気軽にお問合せください。

インターワイヤード株式会社  DIMSDRIVE事務局(ディムスドライブ事務局)
TEL:03-5764-3281
mail: timely@dims.ne.jp
調査結果に関するお問い合わせ先
会社情報 | プライバシーポリシー | このサイトのご利用規定について
Copyright ©2013,INTERWIRED.CO.,LTD.ALL Rights Reserved.