インターネットリサーチのDIMSDRIVE
サイトマップ リサーチについてのFAQ 資料請求 お問い合わせ
サービス内容について モニター属性 マーケティングリサーチ分析報告例 インターネット調査のケーススタディ 調査料金表 アンケート調査/公開テーマ別調査 公開ランキング調査
お問い合わせ
現在位置:トップページ > 公開テーマ別調査(TimelyResearch) > 詳細情報
TimelyResearch
TimelyResearchについて
利用規約
食品・飲料・外食
インターネット・通信
保険・金融・不動産
医療・福祉
小売・サービス
ファッション・美容・健康
スポーツ・レジャー
日用品
生活・家庭
その他
TimelyResearch
  についてのお問い合わせ

ネットリサーチのDIMSDRIVE『国内のホテル』に関するアンケート

若い年代は「安さ」、年代が上がるほど「立地」がホテル選択の決め手に

ネットリサーチのDIMSDRIVEでは、「国内のホテル宿泊に関するアンケート」を2007年10月3日(水)〜10月11日(木)にかけて行いました。
ホテル選びのポイント、予約方法、ぜひ泊まってみたいホテルなどについてまとめました。
全国のDIMSDRIVEモニター8,557人から回答を得ています。



● 国内ホテルに宿泊の際、「インターネット割引プラン」を利用する人は35.6%
● 若い年代は「安さ」、年代が上がるほど「立地」がホテル選択の決め手に
● ホテルの予約・情報収集はインターネットが圧倒的
● 価格以外で重視するのは「客室の清潔さ」と「立地」。年代が上がるほど「景色」も重視
● ぜひ泊まってみたい! 憧れのホテル1位は「帝国ホテル」





〜国内ホテルに宿泊の際、「インターネット割引プラン」を利用する人は35.6%〜

■3年以内に宿泊した施設
「3年以内に宿泊で利用した宿泊施設」を尋ねたところ、“国内のホテル”は68.6%、“旅館”は48.1%、“海外のホテル”は23.1%であった。

■利用した宿泊プラン
3年以内に国内のホテルに宿泊した人の「利用した事がある宿泊プラン」については、“インターネット割引プラン”が最も多く35.6%、次いで“ツアーの宿泊プラン”30.0%、“ビジネスプラン”13.9%、“親子・家族等のプラン”12.3%と続いた。
“レディースプラン”は5.5%であった。

■どんな時に国内のホテルに宿泊?
また、「どんなときに宿泊しましたか」と尋ねたところ、“観光旅行(ツアー以外)”が断トツに多く66.6%、“出張・ビジネス”31.2%、“観光旅行(ツアー)”30.7%と続いた。
“帰省”で宿泊した人は8.4%と1割弱であった。

“その他”の自由回答では“ライブ”、“コンサート”などの回答が多かった。
また“デートで”、“引っ越し”、“子どもの受験”などの回答が挙げられた。

過去3年以内に、あなたが宿泊で利用した事がある宿泊施設をお選びください。(複数回答)
全体ベース N=8557

3年以内に、あなたが利用した事がある宿泊プランをお選びください。(複数回答)
3年以内に国内のホテルに宿泊した人 N=5867

            ※朝食プラン、夕食プランなどは除く
どんなときに宿泊しましたか。(複数回答)
3年以内に国内のホテルに宿泊した人 N=5867


◆「その他」の自由回答より抜粋
ライブの遠征、デートで、引っ越し、子どもの受験、湯治、帰りの電車がなくなったので、リラックスするため、お遍路・・・など            


〜若い年代は「安さ」、年代が上がるほど「立地」がホテル選択の決め手に〜

■なぜそのホテルに宿泊したのか
「それらのホテルに泊まろうと思った理由」については、“安かったから”が最も多く49.0%、次いで“立地が良いから”43.7%、“ツアーなどで決められていたので”28.4%、“泊まってみたいホテルだった・憧れていたから”23.1%、“客室・施設が良いから”19.1%と続いた。

“その他”の自由回答では“貸切露天風呂があったから”、“旅行会社で探してもらって決めた”、“マイレージで泊まれたから”、“ネットの宿泊検索サイトなどで口コミ評価が良かったから”などが挙げられた。

<項目別、各年代の回答>
“安かったから”、“立地が良いから”、“評判が良い・薦められたから”、“前に泊まって良かったから”の項目について、各年代の回答を見てみると、項目によって、若い年代ほど多く回答しているものと、年代が上がるほど多く回答しているものがあった。
『若い年代ほど多く回答する傾向』…“安かったから”、“評判が良い・薦められたから”
『年代が上がるほど多く回答する傾向』…“立地が良いから”、“前に泊まって良かったから”   
・・・となっている。

“安かったから”は、20代と30代では50%を超えた。
“客室・施設が良いから”は30代が20.8%と最も多く、50代以上は40代以下よりも少し低めの値となった。
なぜその(それらの)ホテルに泊まろうと思ったのですか。(複数回答)
3年以内に国内のホテルに宿泊した人 N=5867


◆「その他」の自由回答より抜粋
貸切露天風呂があったから、旅行会社で探してもらって決めた、
マイレージで泊まれたから、割引があったから、
会員なのでポイントがたまる、通りがかった時空室ありの表示があったから、
ネットの宿泊検索サイトなどで口コミ評価が良かったから、
ネット環境が整っている、会社で決められていた、
ライヴのアーチストと同じホテルだったから・・・など
◆項目別、各年代の回答



〜ホテルの予約・情報収集はインターネットが圧倒的〜

■ホテル選びの情報源
ホテルを選ぶ際の情報源は、“インターネット(旅行情報サイト)”63.7%、“インターネット(ホテルのホームページ)”59.8%の2つが圧倒的で、3番目に多い“旅行雑誌”は21.7%と2割に止まり、『インターネット』と40ポイント前後の差がついた。
インターネットを活用している人が多い事が伺える結果となった。

■予約方法
予約方法についても、“インターネット(旅行情報サイト)”が48.6%、“インターネット(ホテルのホームページ)”42.8%となっており、予約もインターネット利用が多い事がわかった。
3番目に多かったのは“ホテルに直接電話”で32.3%であった。

<項目別、各年代の回答>
項目別に各年代の回答を見ると…
“インターネット(旅行情報サイト)”、“インターネット(ホテルのホームページ)”は年代が若いほど回答が多い傾向にあり、
“ホテルに直接電話”、“旅行代理店”は年代が上がるほど多く回答している。

年代が若い方がインターネットで予約をしている人が多い。

■ネット予約でのトラブル経験
インターネット予約でのトラブル経験が“一度も無い”人が82.6%で、トラブルがあった人は17.4%となった。
トラブルの内容では、“実際は写真や紹介文と大きく違っていた”が6.3%、“ホテル側の返信・対応が遅い/無い”が5.2%と続いている。

ホテルを選ぶ際、どこの情報を参考にしましたか。(複数回答)
3年以内に国内ホテルに宿泊した人 N=5867


※旅行情報サイト・・・じゃらん・楽天トラベルなど
どのような方法で予約をしましたか。(複数回答)
3年以内に国内ホテルに宿泊した人 N=5867


◆項目別、各年代の回答
ホテルのインターネット予約について、トラブルがあった事はありますか。(複数回答)
インターネットで予約をした人 N=4061



〜価格以外で重視するのは「客室の清潔さ」と「立地」。年代が上がるほど「景色」も重視〜

■国内のホテルに重視する点(価格以外)
国内のホテルに「価格以外で」重視する点を選んでもらった。
最も多かったのは“客室の清潔さ”65.0%であった。次いで“立地”59.4%、“大浴場・温泉”52.6%、“ホテルの雰囲気”52.0%、“宿泊プランの良さ”44.6%と続いた。

『客室』についての項目では“清潔さ”65.0%が圧倒的で、“広さ”39.6%より25ポイント多い。
3番目は“客室から見える景色”35.9%であった。

<項目別、各年代の回答(女性)>
項目別の、女性の各年代の回答を見ると、“宿泊プランの良さ”、“ホテル外観”、“客室の広さ”、“アメニティの充実度”、“禁煙ルームがある”の項目は若い年代ほど多く回答する傾向にあった。

“宿泊プランの良さ”については、20代は56.2%、30代は52.8%と半数を超えているが、60代以上は36.0%と4割に満たない。

反対に“客室から見える景色”は、年代が高いほど多く回答している。

国内のホテルに重視する点を、価格以外でお選びください。(複数回答)
全体ベース N=8557


◆項目別、年代別の回答(女性)


〜ぜひ泊まってみたい! 憧れのホテル1位は「帝国ホテル」〜

■ぜひ泊まってみたい国内のホテル
「ぜひ泊まってみたいと思う国内のホテル」を自由回答で尋ねたところ、“帝国ホテル”という回答が最も多く、438票であった。
2位は“ホテルミラコスタ”205票、3位“ザ・リッツカールトン”176票、4位“ザ・ペニンシュラ東京”121票、5位“アンバサダーホテル”117票と続いた。

6位には“東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテル(ならどこでも)”という回答も入っており、10位以内にディズニーリゾートのオフィシャルホテルが3つランクインした。
また、旅館ではあるが、“加賀屋”97票が8位にランクインした。

<男女別>
男女別に見ると、男女とも1位は“帝国ホテル”であったが、2位以下は男女で違っている。
2位は、男性“ザ・リッツカールトン”、女性は“ホテルミラコスタ”であった。

男性で3位だった“加賀屋”は女性では8位、反対に女性で4位だった“アンバサダーホテル”は男性では10位となっている。
女性は5位以内にディズニーリゾートのオフィシャルホテルが3つランクインした。

<地域別>
関東と近畿での、地域別の回答を見ると、どちらも1位は“帝国ホテル”であったが、2位は関東が“ザ・ペニンシュラ東京”、近畿は“ザ・リッツカールトン”となっている。

関東で10位以内に入り、近畿では入らなかった回答は
“ザ・ペニンシュラ東京”、“富士屋ホテル”、“フォーシーズンズホテル”であった。
反対に近畿で10位以内に入り、関東で入らなかった回答は
“ヒルトンホテル”、“リーガロイヤルホテル”、“ザ・リッツカールトン大阪”、“ホテルオークラ”であった。

その他、北海道では1位が“ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ”となっているなど、特徴が見られた地域もあった。

■その理由
「ぜひ泊まりたい」理由については、ホテルによって特徴が見られた。(下記参照)
あなたが「ぜひ泊まってみたい」と思う国内のホテルがあれば教えてください。(自由回答)
全体ベース N=8557

※帝国ホテル・・・ホテル名の具体的な指名ナシ。「帝国ホテル上高地」などは別集計
ザ・リッツカールトン、ヒルトンホテル、フォーシーズンズホテル、リーガロイヤルホテル、シェラトンホテルも同様

※東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルはホテル名の指定ナシ
◆男女別


◆地域別


<その他、特徴が見られた地域>
【北海道】・・・1位に“ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ”、5位に“あかん悠久の里 鶴雅”がランクイン
【甲信越】、【北陸】・・・ともに、2位に“加賀屋”ガランクイン、【東海】では“加賀屋”は3位
【九州・沖縄】・・・“JALリゾートシーホークホテル福岡”が3位にランクイン
それはなぜですか。(自由回答)
全体ベース N=8557
<特徴のあった回答>

【帝国ホテル】
日本資本の最高級ホテルであるから
日本一のサービスと聞くから。
伝統と格式を兼ね備えた名門
歴史と伝統のある格式高い本当の意味でのホテルに一度いってみたいという憧れとセレブ気分を味わってみたい。

【ホテルミラコスタ】
閉園後のディズニーシーを見てみたいから
ロマンチックにディズニーの世界に呑まれたい
予約の取れないホテルで、今までの泊まったホテルと比較してみたい
ディズニーシーの海を見られる部屋で景色や眺めが最高だし、食事も美味しかったから。

【ザ・リッツカールトン】
世界最高級のサービスと聞いているから
東京で一番高い場所にあるゲストルームから夜景を見てみたいから
有名なリッツのサービスを体験したい
やはり一流の名とあの重厚な雰囲気には憧れる。

【ザ・ペニンシュラ東京】
話題性があり、香港は格式高いので、国内も知りたい
香港だけでなく世界的にも最高級のホテルで、憧れです!
新しく、また、ホスピタリティの上では、本国香港のサービスをそのまま受け継いでるから。

【アンバサダーホテル】
シェフミッキーに行きたい
ミッキーだらけの部屋で夢を見たい☆
夢のあるかわいいホテルだと思ったから
ここにしかない付加価値を得られるから。

【ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ】
サミットの会場に泊まってみたいから
雄大な自然と一流のサービスと両方に期待できると評判だから。
これまでの良いホテルの概念を変える何かがありそうなので。


●お問合せ先●
調査結果の引用について、クロス集計データ・生データ購入など、
お気軽にお問合せください。

インターワイヤード株式会社  DIMSDRIVE事務局(ディムスドライブ事務局)
TEL:03-5764-3281
E-mail: timely@dims.ne.jp
お問い合わせフォームへ
会社情報 | プライバシポリシー | このサイトのご利用規定について
Copyright ©2006,INTERWIRED.CO.,LTD.ALL Rights Reserved.
モニター会員用DIMSDRIVE
TimelyResearch TimelyResearch
DIMSDRIVE独自の公開アンケート調査最新情報
RankingResearch RankingResearch
DIMSDRIVE独自の人気トレンドランキング調査最新情報
報告書販売 報告書販売
DIMSDRIVE独自の調査報告書を販売いたします。
「1万人の回答」回収調査 「1万人の回答」
回収調査

1万サンプルの大規模調査も低価格で!
ホームユーステスト ホームユーステスト
商品サンプルの試用調査です。
従業員満足度調査「ES-DIMS」 従業員満足度調査
「ES-DIMS」

社員を対象としたアンケート調査です。